「お金が貯まらない人」と「お金を貯められる人」の違い

2016年5月20日

簡単に言うと…

  • お金が貯まらない人は、家計簿をつけない、リボ払いや分割払いで買い物してしまう、毎月の赤字には目をつぶり、ボーナスでやりくりする人です。
  • お金を貯めるためには、家計簿をつけ、給料が出たら、まず貯金するようにしましょう。
  • また、欲しいものがあれば、お金を貯めて買うという考え方に切り替え、ローンやボーナス依存の考えを改めましょう。

自賠責だけで大丈夫?自動車保険を見直そう!

お金が貯まらない原因はコレだ!

「どうしてだろう? ちっともお金が貯まらない」「もう少し、貯金できると思うんだけど……」と、悩んでいる人は多いのではないでしょうか。
なかには「こんな不景気の世の中でお金なんて貯まるわけないじゃん!」と達観(?)している人も。でも、ちょっと待って―。

お金が貯まらない人の共通点があった!

「ちっとも貯金できない」「お金が全然残らない」という人たちには、実は共通点があったのです。それは…。

・金銭の出納をキチンと控えていない(=家計簿をつけない)
・リボ払いや分割払いで「今すぐショッピング」をしてしまう
・毎月の多少の赤字には目をつぶり、ボーナスでやりくりする

思い当たる項目はありませんか。えっ、全部該当する!?そんなあなたはかなり重症。
100万円貯めるために必要なことは、小さな努力

「うーん、努力かぁ。努力するのは子供のころから苦手で…」と、いきなりあきらめてはいけません。あくまで《小さな》努力でいいのです。

お金を貯めるためのキーポイント

①お金の出入りをこまめにチェックしましょう

ぜひ、家計簿をつけることをおすすめします。「私、独身なの…」という人も、金銭出納帳か、せめてお小遣い帳をつけましょう。そうすると知らないうちに消えていってしまうお金を徹底的にチェックできるのです。これは実際やってみると、かなりの額になるはずです。

②お給料が出たら、まず、貯金してしまいましょう

25万円の手取りがあったら、例えば5万円をすぐに貯蓄にまわします。自分で自分から、強制天引きするわけです。初めからお給料は20万円しかないものと思いましょう。①が、どうしても続かないという人も、これだけは実行してください。

③「ローンで今すぐお手元に!」なんていう言葉についフラフラッとして、多額の買い物をすることをひかえましょう

「ローンで今すぐお手元に!」なんていう言葉についフラフラッとして、多額の買い物をすることをひかえましょうローンで購入しようと考えたら、まず、総額でいくら払うことになるのか計算して、よーく考えてみてください。長期間のローンではゾッとする金額になることも。

何度も言いますが、ケチケチしながら「ひたすら貯めろ」と言っているわけではありません。お金は使うためにあるのですから「使うために貯める」で、いいのです。

「今すぐ欲しいっ」というのでは、わがままな子供がだだをこねているのと同じ。欲しいものがあれば、お金を貯めて買うという考え方に切り替えましょう。

④ボーナス依存の考え方も、ぜひ改めてください

ボーナス依存の考え方も、ぜひ改めてくださいいつ、どれだけボーナスがカットされるか分からないこの時代に、ボーナスで払えばいいやという考えで買い物をするのはとても危険です。

例えば、ボーナスを当て込んだ住宅ローンを組んでいたりするなら、いつカットされてもいいように普段の給料から少しずつでも貯めておくくらいの気づかいが必要でしょう。

とまあ、この不況の世の中を渡っていくにはこれくらいは当たり前。そして、なおかつ上手にお金を蓄えましょう。