審査も年会費も不要!デビットカードの魅力を徹底解説

2016年5月9日

簡単に言うと…

  • デビットカードは、審査も年会費も不要なカードが多くありながら、クレジットカードのように使用することができます。
  • 買い物のたびに銀行の預金口座で決済される仕組みなので、ほとんどの銀行において保護者の同意さえあれば未成年でもデビットカードを作ることができます。
  • デビットカードを選ぶときには、年会費・還元率・ショッピング保険・付帯サービスなどを比較して申し込むと良いでしょう。
審査も年会費も不要!デビットカードの魅力を徹底解説

クレジットカードに比べると、デビットカードを日常的に使っている人は少ないようです。そもそもデビットカードという言葉を知っていても、それがどんなカードなのかを知らない人もいます。デビットカードとは、審査も年会費も不要でクレジットカードのように使えるカードと考えても良いでしょう。ここでは、日常使いに便利なデビットカードについて基本から解説しています。

デビットカードの仕組み

デビットカードの仕組みデビットカードとは、銀行の預金口座と直結した決済用カードのことです。機能的にはクレジットカードと同じなのですが、クレジットカードでは毎月「締め日」と「支払い日」があるのに対して、デビットカードでは即時決済システムとなっています。

つまり、買い物のたびに銀行の預金口座で決済される仕組みです。イメージとしては、銀行から現金を引き出さずにキャッシュカード一枚で買い物をしている、といった感じです。デビットカードは、クレジットカードが利用できるお店であれば、概ねどこでも利用できます。

国内だけではなく海外でのショッピング、ネット通販、さらには海外のATMにおける外貨引き出しにまで対応しています。日本国内では、カードと言えばクレジットカードが主流ですが、海外ではデビットカードのほうが人気が高いとも言われています。申込条件も緩く、ほとんどの銀行において保護者の同意さえあれば未成年でもデビットカードを作ることができます。

一般に審査もなく年会費もありません。現金を持ち歩きたくない方や、銀行から引き出すことが面倒な方などには、デビットカードが現金代わりとして大変重宝されます。

デビットカードには審査・年会費が不要なところも多い

デビットカードの申し込みに関する基本的なポイントをおさらいします。

一般的にデビットカードには審査が不要です

ほとんどの銀行では、デビットカード発行において審査がありません。デビットカードは、自分の銀行残高の範囲内で即時決済される仕組みのため、クレジットカードとは異なり未来の口座残高を約束する信用力が不要です。

現金を銀行口座から引き出してくる手続きを割愛しただけ、とも言えるシステムなので、審査で信用力を判定する必要性がありません。

一般的にデビットカードでは年会費が無料です

ほとんどの銀行において、デビットカードの年会費はかかりません。仮に年会費が有料であったとしても、「年間1回以上利用すれば年会費分のポイントを付与(りそな銀行)」や、「前年10万円以上利用すれば翌年の年会費無料(三菱東京UFJ銀行)」など、実質面で年会費無料とする銀行もあります。

【参考】デビットカード申込の一般的な流れ

STEP 1.オンラインからデビットカード申込み
STEP 2.申込書類が自宅に到着
STEP 3.申込書類の返送
STEP 4.カードが自宅に到着

※オンライン上だけではなく、銀行の窓口でも申し込むことができます。
※普通預金口座の新規開設を求められることがあります。

代表的なVISAデビットカード比較 ※審査必要な銀行もあり

楽天銀行VISAデビットカード

・審査:不要
・申込条件:同社に口座を持つ16歳以上
・年会費:1,029円(税込)
・還元率:0.2%(楽天スーパーポイント)
・付帯サービス:ショッピング保険、盗難補償

三菱東京UFJ-VISAデビットカード

・審査:明記なし
・申込条件:15歳以上の日本在住の方で、かつ中学生以外
・年会費:1,080円(税込・初年度無料)
・還元率:0.2%
・付帯サービス:ショッピング保険、不正利用補償

SURUGA(スルガ銀行)VISAデビットカード

・審査:あり(同社の総合的判断による)
・申込条件:15歳以上の日本在住の方で、かつ中学生以外
・年会費:無料
・還元率:0.2%
・付帯サービス:お買い物安心サービス、盗難・偽造補償

りそな銀行VISAデビットカード(オリジナル)

・審査:不要
・申込条件:同社に口座を持つ15歳以上
・年会費:540円(税込・初年度無料)
・還元率:0.5%(りそなクラブポイント)
・付帯サービス:不正利用補償

イオンデビットカード

・審査:あり
・申込条件:同社に口座を持つ18歳以上で、かつ高校生以外
・年会費:無料
・還元率:0.5%(ときめきポイント)
・付帯サービス:カード盗難補償

※2016年4月25日現在の各社HPを参照しています。

デビットカードを選ぶ際のポイント

年会費

一般的にデビットカードは年会費が無料ですが、中には有料となる銀行もあります。上で記載の通り「実質無料」となりうるサービスを提供している銀行もありますが、少ないながら年会費が必ずかかるデビットカードもあります。

還元率

頻繁にデビットカードを利用する予定の方は、注目すべき項目です。利用額に対するキャッシュバック率が還元率となります。0.2%がボリュームゾーンなので、選ぶ際の目安にしてください。

ショッピング保険

デビットカードを利用して購入した商品が、何らかの理由で利用できなくなったときに補償される保険です。楽天銀行デビットカードの例を挙げれば、「商品が盗難にあったとき」「商品を不注意で壊してしまったとき」「商品が火災で燃えてしまったとき」などに適用されます。

付帯サービス

カードに付帯する様々なサービスです。最低限確認しておきたいのは、カードが盗難または偽造されて不正使用されてしまったときの補償の有無です。

スーパーやコンビニで、キャッシュカードがそのまま現金代わりとして使えたらどんな便利だろうか、と考えたことはありませんか?クレジットカードだと使い過ぎが心配と現金で支払っている方は、一度デビットカードを検討してみても良いかも知れません。