1万円から株が買える?「るいとう」とは

2016年4月15日

簡単に言うと

  • るいとうとは株式累積投資のことで、毎月1万円から株を少しずつ積み立てていくことができる投資手法
  • るいとうは株や投信を買いたいけど、どんなタイミングで買っていいのかわからないという初心者にもおすすめ
  • るいとうなら毎月一定の日に一定の金額で購入するので、「ドル‐コスト平均法」のしくみにより一株当たりの平均購入単価を抑えることができる

投資初心者向け!投資信託の積立投資「投信積立」

「るいとう」は、1万円からの株式投資

「るいとう」は、「株式累積投資」のことです。毎月1万円からできます。
指定した銘柄を月一回決められた日の寄付値(その日の一番最初についた値段)で買えるだけの株数を買い貯めていく、手軽な株式投資スタイルです。
つまり、株を少しずつ積み立てていくということです。

普通、株式投資というと何十万円もの資金がかかります。「るいとう」は短期的な値上がり益を狙うのではなく、中・長期投資で、その企業の株主になることを目的に株式投資を行う人にとっては利用価値の高い制度といえます。資金も毎月1万円からと、少額のお金で本当の株を買う手段です。

つまり、少額ではあっても継続的に少しずつ投資する「るいとう」も、立派な株式投資ということになります。
ですから、持ち株数に応じた配当金相当額が自動的に、配分・再投資されますし、また株主優待も、持ち株に応じて受けられます。

毎月の累積投資により1単位株に達し、名義書き換えが終わると株主になれます(それまでは証券会社名義)が、1単位の株数は銘柄によって異なります。

初心者向きの「るいとう」

「るいとう」は、株や投信を買いたいけど、どんなタイミングで買っていいのかわからないという初心者にもおすすめ。最適なタイミングでは買えないかもしれませんが、最悪のタイミングということもない買い方なので、安値で買い続け、上がったら売り、じっくりかまえて資産をつくっていきたい人向けです。

当然、底値で買って、ドンと上がったら即、売ってという一発ねらいのギャンブラーには向きません。

銘柄は、その証券会社の選定した銘柄から選べます。
できれば知名度があり、将来性が期待できる企業がねらい目です。

ただし、その会社がつぶれたり、株がメチャクチャ下がったりしてしまえば、大損ということも。リスク分散のためには、資金に余裕ができたら積立額を複数の銘柄に分けて購入すればいいでしょう。

「るいとう」ならドル‐コスト平均法で投資できる

「るいとう」は毎月一定の日に一定の金額で購入しますから「ドル‐コスト平均法」のしくみにより一株あたりの平均購入単価を抑えられます。
「ドル‐コスト平均法」とは、定期的に一定の金額を継続して投資する方法です。

特に長期の投資に向いているといわれる理由は、長く続けるほど、より幅広い価格で株式を購入することができるからです。

つまり、株価が高いときには少ない株数を株価が安いときには多くの株数を購入することになり平均買付け価格が安定し、結果的に毎月一定株数を購入する場合より安く購入できます。

「るいとう」で、売りたいときはどうする?

売りたいときは、証券会社に連絡し希望を伝えれば、申し込みの翌営業日の寄付値で売却されます。その場合、1単位の株数でなくても1株からOK。
しかし一部だけ売るときには1単位株の10分の1以上の株数が必要です。

手数料が少々割高ではありますが、例えばミニ株といっても大企業の株を1万円から買うことは不可能ですし、何より少額からなので分散投資も可能になるのは魅力ですね。