投資初心者向け!投資信託の積立投資「投信積立」

2016年4月15日

簡単に言うと

  • 投信積立なら、月々1万円以下から分散投資が可能でき、投資の初心者向き
  • 値下がりのリスクが恐いという人も、資金に余裕がない人も、少額でできるので、とりあえずチャレンジしてみましょう
  • 投信積立とは、指定したファンドを毎月自動的に買い付けることで、一定の金額で買えるだけの口数を定期的に購入していく「ドル‐コスト平均法」という手法を使うので、平均買い付け単価が抑えられるという点が期待できる

投資初心者向け!投資信託の積立投資「投信積立」

投資の初心者でも1万円なら安心

転職は住宅ローンの審査にどの程度影響するのか?月々1万円以下から分散投資が可能なのが投信積立です。少ない資金でオーケーというのは、投資の初心者向き。そもそも投信積立とは、投資信託の積立のこと。

では投資信託とはどういうものかというと、まず投資家からお金を集め、それを一つにまとめて複数の株式や債券に分散投資します。

そこで上がった収益が、投資家に分配されるというしくみ。株式中心、債券中心など、種類は豊富にあります。

投資信託なら少額でも「投資」ができる

転職は住宅ローンの審査にどの程度影響するのか?「投資」というと、資金がたくさんいるのではないか、値下がりで大損をするのではないかなど、ついついリスクを先に考えてしまいがち。

ところが、最近では驚くほど少ない資金で投資を試してみることができます。

このところ、一般の投資家でも無理なく株に投資してもらおうと、月々1万円から投資できるさまざまな種類の商品があります。「投信積立」・「るいとう」・「投資信託」・「eワラント」など、資金額や売買の方法をよく検討してみましょう。

値下がりのリスクが恐いという人も、資金に余裕がない人も、少額でできるので、とりあえずチャレンジしてみる価値大です。慎重に確実に増やしていきたい、少々冒険してみたいなど、自分の性格や志向に合わせて、株で気軽に資産運用してみてはいかがでしょう。

投信積立とは

転職は住宅ローンの審査にどの程度影響するのか?毎月一定額を積み立てていく投資信託のことです。月々1万円以下から始められます。

銀行や証券会社で扱い、指定したファンドを毎月自動的に買い付けてもらいます。

一定の金額で買えるだけの口数を定期的に購入していく「ドル‐コスト平均法」という手法を使うので、平均買い付け単価が抑えられるという点が期待できます。

投資信託の基準価額が高いときは少なく、投資信託の基準価額が安いときは多く口数を買い付けるので、リスクの分散も期待できます。

販売手数料や信託報酬が安い低コストファンドをねらい安い間は買い続け値上がりしたら売るというスタンスで、利益を狙いましょう。